イベントがいっぱい   その2



2日目のクエストは、遠距離攻撃武器だけで雌火竜を頭部破壊してからやっつけなさい・・・というもの。
これはね、唯一楽勝だったんだよ。
だって、いっしょに行ってくれたCazさんの本職(?)はガンナーだし、私も弓なら使ったことがありますんでね。




3日目が、またも難問。
武器がランスかガンランスってだけで私には大問題なんだわ。
両方とも使えない。
という以前に、持ってもいない。
昼のうちにランスを1つ作って雪山に行きまして、ガウシカ相手に練習しようとしたんですが・・・まるっきりダメ。
あまりのダメ具合にラスタがじれたのか、勝手にさっさか全滅させてしまって、練習にすらなりませんでした。汗

動きのすばやいガウシカには、ちっとも当てられないし、なんかの拍子に走りだしてしまうと、今度は止め方がわかんないし・・・
そんな状況でババコンガにいどんでも・・・無理ってもんだよなぁ。
ランスを上手に使える狩人さん、すごいわ。

クエストの相手は、ババコンガとバサルモスで、場所が大闘技場。
最初バサルモスは地面にもぐって岩もどきになっているので、そっとしておいて先にババコンガをやっつけようとするんだけれど・・・どうにもこうにも大苦戦。
どうやら、どんなにそっとしておいても、時間が経過すると、岩もどきのバサルモスは自動的に起き上がって参戦してくることになっているみたいだしね。
幸い、猟団の先輩がチームに入ってくださったので無事にクリアできたんですが・・・
そうじゃなかったら、だめだったかもなぁ。

ということで、しみじみ自分にランスの才能がないことを再確認した夜でありました。




4日目は、聞くところによると、このシリーズ最大の難関であるのだとか。
あらかじめ、「掲示板」に蒼さんから情報の書き込みをもらっていたのですが、それ読んで・・・マジで、どうするべ?状態。

武器はハンマーもしくは笛。これはまぁ、いいわ。
行き先が火山で、相手はグラビモス。(腹部分の部位破壊が条件)
なにが問題かって言うと、アイテムの持ち込みが不可になっている点なんですね。

ただでさえ、暑さのために体力が減少していく場所でバトルをしなければならないのに、回復アイテムを持って行けないとなると、笛の役割は決まってしまいますね。
ひたすら体力回復のメロディをかなでまくる・・・ってことになりそうです。
チームに一名、笛必須ってクエストだ。
この役目は、Cazさんに押し付けてしまいました。
   (なにしろ、私、笛の吹き方わかってないし・・・私つくづく、なぁんもできん狩人だこと。汗)

この夜は、最初から猟団長ご夫妻が私たちに同行してくださるということだったんで、なんとかあらかじめ教えられた攻略方法を実行できるように努力しようとそればっかし考えておりました。笑

すごいんだよ。
支給箱に入っている「罠」と「爆弾」を取って飛び出していった団長さんたちは、私がターゲットのいるエリアに駆けつける頃には、すでに「罠」をしかけ終わっていて、そこにすいよせられるようにグラビモスが落っこちるんだわ。

ここであわてて攻撃をしかけちゃダメだって言われておりまして、ちょっと待っていると、罠にはまってあせっているグラビの腹の部分に「爆弾」がしかけられるわけ。
で・・・ドッカ〜ン!

続いて、次の罠がしかけられて、そっちでもかかった直後に、ドッカ〜ン!!

腹部分の部位破壊が条件になっているわけだから、一番効率よくその場所にダメージを与えてしまうってことなんですね。
この2回分の作業が終了したら、後は腹部ねらいでハンマーの縦攻撃を繰り返すことになります。

うっかりタメて回転攻撃をしないように注意しながら、ひたすらお腹の下にもぐりこもうといたしまして・・・
くらったダメージの回復は、笛を吹きまくっているCazさんに完全おまかせってことになっちゃいました。

う〜ん・・・・・・クエスト内容を読んだ時には、こんなん無理だろう・・・と思ったのですが、きちんとした作戦がたてられていれば攻略できるものだったんですね。
また、いくら完璧な作戦が立てられても、1人だけではどうなるというクエストでもなかったわけで、いっしょに出撃していただける先輩たちがいる猟団に入れたのは、とても幸いなことだったと思います。




最後の5日目は、片手剣もしくは双剣のみが使用可で、場所は大闘技場。
ターゲットはゲリョスとヒプノックで、捕獲クエストだったんですね。

ヒプノックの方は、捕獲OKサインが尾羽が元気なく垂れてくることなんですが、ゲリョスの方のサインが私にはわかりにくくって・・・
  (やたら、死にまねしがちになったら、あやしいってか?)
それ以前に、頭ピカピカさせて迷惑な発光攻撃をしてくるゲリョスは苦手モンスターだもんだから、やりにくそうだなぁと思っておりましたところ、ごいっしょに出かけてもらえるチーム・メンバーも
「先にゲリョスをかたづけましょう!」
という同じ意見みたいでして・・・
「スタートしたら、とにかくゲリョスに集中攻撃ってことで!」
「了解!!」
やる気満々で飛びこんで、元気いっぱいに斬りかかったら・・・・・

あっと言う間に討伐しちゃいまして・・・・・・失敗だわ。

このクエストのゲリョス、思いのほか体力が少なめ設定だったみたいなんですわね。

で、2回目からは、ろくに捕獲サインが見極められない私がゲリョスにつっこんで行ったら、また失敗しかねないので、そっちはCazさんと猟団の先輩におまかせしちゃって、最初からヒプノックにちょっかいを出すことにしてしまいました。
   (邪魔するよりはましってか?)

したら・・・・・実はヒプノックの方は、思いのほか体力が高め設定だったみたいで・・・・・いつまでも元気にヒョコヒョコと走りまくる。
ウニョォホ〜ッ、やっぱ、このクエストも甘くはなかったわ。笑




というわけで、5日間にわたって、連日特別のクエストを連戦するという多忙な毎日を無事終了することができました。
特別の頭部防具が5点、さらに武器が2点、私のタンスに加わりました。
こういうの、強化するだけで、今後どれだけ時間や手間暇がかかるんだろうねぇ。笑





もどります




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO