なんとなく消化不良な感じ   その2



シナリオクリア後に行くことができる海底神殿

一定の歩数を移動すると、攻略終了になって、ふりだし(?笑)にもどされてしまう場所なのですが・・・これの存在意義がよくわかんない。

おそらく、換金物質として価値が高いアイテムを入手できることと、各種プレートを拾ってくることができる場所なんだろうと思います。
というか、アルセウス用プレート入手場所と言いきってしまっていいんだろうな、あれは。

ここの攻略は、マップ関係の記憶力にすぐれているプレイヤーさんなら何の問題もないのだろうけれど、方向音痴の私にとっては難関そのもの。
なんとか先にすすむために、マッピングをしたのですが・・・・・
ろくに攻略用のヒントがないのよ。

1Fは、中心部まで移動して、色の違っているブロックを調べれば、それが移動して、2Fに行けるようになるのだけれど・・・
2Fから3Fに行くためには、該当する場所で「フラッシュ」を使わなければならないことになっていたんです。
同様に3Fから4Fに行くためには、特定の場所で「かいりき」を使う必要があります。
これ、だれも教えてくれないのな。
少なくとも、私はヒントを教えてくれる人を発見することができませんでした。攻略サイトでやり方を知ったんですよ。
見つけた人、すごいなぁ。
でも、あれだけ考えて、マッピングして、攻略に苦労したわりには、なんだ、それだけの場所?・・・って感じがするのは、きっと私だけじゃないと思うよ。





大きな橋の上に住居を作ってしまった・・・というユニークなエリアがあります。
その一軒のお宅を訪問すると・・・・・
いきなり住んでいた女性がペラペラと心境を語り
家を飛び出して旅に出てしまうんですね。
その家にいた4匹のミネズミも直後に女性の後を追って
どこかに行ってしまう。

いったい、あれは何だったんだ・・・・・と、しばし呆然とするのですが
その後、ワンダーブリッジを通過すると彼女たちに出会えるようになっているんです。

ここではミニゲームのミネズミ・ショーが楽しめることになっています。

一列にならんだミネズミの1匹を覚えておいて
パパパ〜〜ッと入れ替わりをした後、さぁ、さっきのミネズミは
どれだったか当ててください・・・というゲームです。

とてもありがちな単純なゲームのはずなのに・・・
齢のせいか、動体視力に問題があるのか
なんべんチャレンジしても、ちっとも正解ができません。
これが半端じゃなく正解できないのよ!
我ながら、かなり悲しかったりする。
もちろん、だれのせいでもないんですけれどね。笑



ハイリンク利用の人集め

「黒」をプレイしている場合、ブラックシティという街があります。
ハイリンクを利用して「白」のホワイトフォレストに行き、そこに立っている人と会話をして、自分の街に連れてくることができると・・・お店で販売される品揃えが変化する・・・という、かなりおいしい話があるんですね。
変化するアイテムは、進化用の石各種
これは、ぜひ販売してもらえるようにしたいものなのですが・・・

だれでもいいから、自分の街に連れてくればいい・・というものじゃなかったのね。
特定の人物がやってくると、対応する石が販売されることになっていたらしいんです。

移動可能なメンバーは最大10人ということなので、努力して連れてきたのに、石の種類が足りません。あれも、これも売ってもらえないわけ。
プレイヤーによって、いろんな街ができあがる可能性があるんですよ・・・と言えば、それはそれで楽しいのかもしれないけれど、ゲーム攻略上、重要なアイテムが販売されるかどうかというのは「楽しい」なんて言葉ではすまされないんですわ。
このへんも、ノーヒント。
困るんだよ!!
どうやら、うわさによれば、長期にわたって街を放置しておけば、再度移民のやりなおしができる・・・ようになるとか聞くのですが・・・
たのむから、進化アイテムくらい、自由に買える世界にしておいてもらいたいと思うのは、私だけなんだろうか?


「白」をプレイしていると、ハイリンクを利用して逆に「黒」の世界から自分のホワイトフォレストに人を連れてくることが可能になります。
しかし、ホワイトフォレストでは、進化アイテムを買うことはできません
これだけでも困ったことなんです。
そのかわり、各種ポケモンが街の中の草むらに野生で出現するようになります。でもなぁ・・・正直、これって不利だよ。出現すると言っても、たかだか種類数は限られているんだし、黒から、だれを連れてきたかによって、草むらの状況も変化するみたいなんで、とてもわかりづらいんです。
それくらいなら・・・過去のポケモン・ゲームからクリア後にポケモンを移動させた方がうんと簡単!
このへんもノー・ヒント。



すべての登場人物と会話をすれば、さまざまなヒントがえられて、困ることなくプレイができる・・・というのが、RPGの普通のありかただろうと思うのだけれど・・・なんで、このごろは、ゲーム内で情報収集をしようとしても、大事なことが教えてもらえないのだろう?
自分で考えましょう・・・というつもりなのかね?
自分で考えることは、もちろん大切ですけれど、ネックになるところを隠しておいて、考えろですましてしまうというのは・・・それはちょっと違うんじゃないかと思うのですけれど。




2010.11.2



もどります




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO