スライダーヒーロー



すれ違い通信での勝利数が200を超えまして、やっと、ご褒美モンスターである「スライダーヒーロー」を受け取ることができました。

実は、すでにすれ違いをした相手チームの中に、このモンスターが何度か入っていたものですから、スカウトは成功させていたんですよ。
  (それどころか、さらに勝利数がふえないと、自力入手ができないモンスターも、相手チームからスカウトしていたりする。w)

1体持っていれば充分だろ?・・・・・・と言われそうですが、そこはそれ、自分で200勝して入手したかどうか・・・という点には、ちょっとこだわりが起きたりするんだわね。

私が住んでいる地域が、わりと田舎っぽい町なので、毎日のようにDSを持ってスーパーマーケットの中を一周したところで、すれ違いが発生する回数は2〜3回程度。土・日だと、ちょっと多めだったりしますが、そういう状況で200勝するというのは、たいへんな作業なんですよ。
たま〜に、繁華街に外出するチャンスがあると、当然のようにDSを持って出かけるのですが・・・人が集まる場所だと、簡単にすれ違いが発生するんですね。
名古屋駅の待ち合わせ場所になっている一角に立っていると、すれ違って→バトルをして→再度すれ違い通信状況にして→また、すぐ次のすれ違いが発生する、という感じです。
こういう場所に半日でも立っていたら、かなりのバトル数がこなせるに違いないんですけれど・・・一般主婦、さすがにそれは無理ってもんです。
出先での用事はさっさとすませて、おうちに帰らなければなりません。笑


近所のスーパーマーケットですれ違ったプレイヤーさんの中で
すでに200勝をこえている人は1名しか知りません。
名古屋駅近辺ですれ違ったプレイヤーさんの中には、
最高577勝という方がいらっしゃいました。



もらった瞬間からLv.40
レア・モンスターなので、たいてい皆さん
配合もせず、そのまま育てておしまいなんだろうな?



近所のスーパーマーケットで、一日に2〜3回・・・と言っておりますが、これも実際のところ裏ワザめいた方法を駆使した結果でありまして、普通にプレイしていたら、もっと少ない数字のままだったことは確実なんですね。

裏ワザ

いったい何をやらかしたのか?

一応、正当な攻略方法の範囲内だろうと思うのですが、他のプレイヤーさんとの「すれ違い発生回数」を増やすための作業を自宅でやっていたんです。

私の手元には、DQMJ2のソフトが2本ありまして、これらを攻略に利用しているAと、すれ違い作業用のBということにしておきましょう。
AとBが有れば、すれ違いが1回発生いたします。
でも、すれ違いのお約束で、次にAとBがすれ違いに成功するためには、間に10回分のすれ違いが入らないといけないことになっています。
ところが、我が家では、このAとBが連続して最大6回すれ違いをすることが可能だったんですわ。

どういうことか?

DQMJ2のすれ違いは、どのハードから飛んできた通信電波であるのかということをチェックして判断されるしくみだったからなんです。
どのソフトであるかは・・・関係なかったみたい。

我が家には、家族が使用している物を含めて稼働可能なDSがなんと6台あるわけなのね。
最初にAとBのすれ違いを発生させたら、Bを終了させて別のDSに入れ替えるわけです。
すると、同じBが相手であるにもかかわらず、つづけて「すれ違い」が発生しちゃうことになっているんだわ。
で、さらに、Bを別のDSに入れ替えれば、3回目、4回目、5回目と、連続してすれ違いが可能になってしまうって話だったの。

外出先のスーパーマーケットですれ違いができるプレイヤーさんの数は少ないのですが、前にすれ違った状況から、私のソフトのすれ違い回数がポンと進んでいれば、「間に10回分のすれ違いがありました」と判断されるまでの期間が短くなって、回転が速くなる・・・というわけなんです。

さらに、ドラゴンクエストVIのソフトとIXのソフトが有りますので、それとの「すれ違い」による「まぎれこみ」を加えますと、回数は2回分加算できることになる道理。

暇人・・・・・・と言われそうですが、出先での「すれ違い」回数を覚えておいて、自宅でこの作業をやっておけば、田舎在住でも無事200勝が可能になったという話ですね。

そんなにDSが転がっている家は、ほとんど無いんだよ!・・・・・・・・というツッコミは、その通りなんですけれど。笑




ということで、とりあえず、200勝の目的は達成できましたので、残りは・・・特別配信(?)モンスターねらいということになるのでしょうか?
今のところ、公式の予定発表は、まだのようです。




2010・7・7




もどります




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO